<スポンサードリンク>

昨日はNHKをみていたら美肌菌というものが私たちの顔の角質層で暮らしていて、
美肌菌が保湿を保ってくれているということを知ったのね。

なので、そのことをお話ししましょう。
美容家IKKOさんなん月250万円ほどお肌にお金をかけているので、
番組中ではゲスト3名の中で飛び抜けて良い成績でした。
TVで見る見た目はそうでもないのに、、。

  

美肌の条件とは?あなたは当てはまる?

美肌とは、以下のような条件が揃っている肌状態のことを指します。

1、うるおいがある
2、毛穴が目立たない
3、キメが整っている
4、はりと弾力がある
5、シミが目立たない

なかなか難しいですよね。これをすべてカバーできてる人なんて。
高級化粧品を使っている人でも
完璧は無理かなぁと誰も思っていると思います。
ましてや、私なんかとてもとても、、。

美肌菌ってなに?

実は、私たちの顔だけでも5~7種類、
数にして1000万~10億に及ぶ菌が住んでいます。

そんな肌に存在する菌を総称して、皮膚常在菌と呼びます。
これまで雑菌として見過ごされてきた皮膚常在菌の中に、
お肌に美しさをもたらしてくれる菌がいることが日本人の学者さんが発見したのです。

その名は、エピデルミディス。
日本語では表皮ブドウ球菌と言います。

この美肌菌には、
グリセリンを分泌し肌を保護して水分を保ってくれる働きがあります。
このグリセリン、私たちが普段使っている化粧品の原料として、
広く使われている代表的な保湿成分がグリセリンです。

美肌菌が豊富にしっかり働いてもらえれば、
化粧品と同じ効果が得られるというわけなんです。

しかも、化粧品は角質層の表面だけですが、
美肌菌は角質層の内部でも暮らしているので、
表から中までしっかり、保湿を保ってくれます。

お金をかけない!美肌菌育菌生活

今回の番組では、芸人の松丸ホルモンさんが美肌菌生活を実践しました。
その方法について、まとめてみます。

1、帰宅後メイクや汚れをしっかり落とす
2、夜の洗顔はよく泡立てて優しくこすらずに
3、入浴温度はぬるめに 時間は15分以内で
4、スキンケアは防腐剤・アルコールが入っていないものを使う
5、寝る前に軽い運動で汗をかく★
6、朝は水だけで洗顔 洗顔料は使わない

なぜ寝る前に運動を?と思いますが、これも美肌菌を育てるのには欠かせないポイント。
汗や皮脂は美肌菌のエサとなるので、就寝中にどんどん育ってくれるんです。
そのため、かいた汗や皮脂はタオルなどで拭かずに肌に馴染ませてOK!

松丸ホルモンさんは結局1週間では美肌菌は増えませんでしたが、
見た目や保湿量は増えていましたね。それと、体重も3kg減りました。
ダイエットは寝る前の運動が効いたみたいで1席2丁でお得感いっぱいでしたね。

肌断食も効果的です。
肌断食も美肌菌を育てる方法としてオススメなのだとか。
肌断食とは、化粧をせずに朝晩水洗顔のみを行うという美容法です。

肌断食をする場合は、眉間や鼻周りの皮脂が多い人や、
ニキビのある人は部分的に石けん洗顔を行ってください。
悪玉菌が増えすぎるのを抑えるためです。

まとめ

今日のポイントをまとめて見ました。

お金をかけない!美肌菌育菌生活。

●美肌菌を増やすことにより化粧品を使わずにスキンケアが可能になる。
●寝る前に汗をかく運動をして、そのまま寝る。
●緊急時は肌断食を実行する。

関連動画があったので紹介します。
美肌菌バンク・美肌フローラのご紹介

<スポンサードリンク>