<スポンサードリンク>

昨日、足のむくみについてご紹介しいましたが、
そうなると顔のむくみも書いておかないと気が済まなくなりました。

顔のむくみは病気はいざ知らず、
寝ている時にできるとのこと。

朝起きて、急いで出なくてはいけないのに、
むくんでいるとメイクに失敗して焦ってしまいますよね。

なので、ネットから適正そうな情報を調べてみました。

  

朝おきて顔がパンパン!まずすべきこととは?

ここからはネットの情報です。

むくみは滞っている水分を流すことで解消できるので、マッサージや軽い運動が効果的。顔の余分な水分を下に流れやすくするために、まずは顔ではなく首をほぐします。首を右に3回、左に3回程度大きく回しましょう。

次に、鎖骨の上にあるくぼみに指を4本入れて、左右それぞれ20回ほどグイグイ押します。そんなに力を入れなくても大丈夫ですが、凝りやすい部分なので気持いいと感じる程度にほぐすようにするのがポイントです。

水分が流れやすい状態を作ってから、次は顔をほぐしていきます。

あごから耳の上にかけて引っ張りあげます。余分な水分を押し流すようなイメージでマッサージしてください。ただし、あまり強い力でやると肌にダメージを与えてしまうので、あくまで優しく。クリームやオイルですべりをよくして行いましょう。

あごから耳の上にかけて何度かマッサージをしたら、次は耳の後ろ側から首筋にかけて水分を下げるようなイメージで鎖骨の方へ流していきます。これらをたった1分するだけでもかなりむくみが解消されます。
ここまでの引用記事:http://www.skincare-univ.com/article/000751/

顔の余分な水分を手っ取り早く、体の方に流してやるってことですね。
そんなに時間もかからないみたい。

よりスッキリさせるためにできること。

よりすっきりさせたい場合は、上記のマッサージをする前に肩をまわしたり、肩甲骨をほぐすように動かしたりと、周辺の筋肉もほぐしていきましょう。全身を軽くストレッチすることも効果的です。

見落としがちな頭皮のマッサージも有効です。顔と頭皮は、見た目は違いますが皮膚はつながっています。頭皮が気持いいと思う強さで軽くマッサージしてあげると、全体の血行がよくなってむくみも解消しやすくなります。一緒に耳もかるく揉むとよいでしょう。

顔の輪郭がすっきりしてきたら、次に気になる目元のむくみを取ります。全体をすっきりさせればある程度目もパッチリしてきますが、より一層効果を高めるために、目頭と目尻のツボを軽く2~3回ほど押します。それでもむくみが気になる場合は、冷蔵庫で冷やした金属製のスプーンの丸い面で、まぶたや目の下を軽くなでるとすっきりします。
ここまでの引用記事:http://www.skincare-univ.com/article/000751/

私は夕方以降になると、頭の皮が張ってツッパつてくるので、
よく頭皮を両手の指でつまんだりしてほぐしています。

できればなるべく、むくまないように生活することが大切。夜お酒を飲んだら、ミネラルをたっぷり含んだお水を飲み、酔いを冷ましてから寝ると、翌朝のむくみはかなり違います。

アルコールだけでなく、取りすぎた塩分もむくみの原因となります。体の中で塩分濃度が高くなると、理想的な濃度に戻すために、身体は水分を留まらせようとします。余分な水分が体に残っている状態になるので、、塩分はなるべく控えるようにしましょう。

とはいえ、塩分は無意識についつい摂り過ぎてしまうものです。塩分(正確にはナトリウム)を排出してくれるお手伝いをしてくれるのがカリウム。カリウムは、バナナやリンゴに多く含まれています。塩分を摂りすぎた時は、意識的にバナナやリンゴなどカリウムを含む食品を食べるようにすると、塩分が排出されてむくみにくくなります。
ここまでの引用記事:http://www.skincare-univ.com/article/000751/

水分は保湿や健康維持のためにも重要なので、
夜寝る前も欠かさず飲んでいるけど、
塩分の取りすぎは料理に混ざるとわかりにくいので、
気をつけないとね。

まとめ

今日のポイントをまとめて見ました。

顔のむくみを簡単にとる方法について。

●マッサージや軽い運動で頭に溜まった水分を体の方に逃がしてやる。
●よりスッキリさせるためにには先に肩の周辺や頭皮をほぐす。
●予防には寝る前に充分水分を取り、体を冷やす。
●塩分を排出してくれるカリウムを多く含んだ食品を食べる。

関連動画があったので紹介します。
【朝マッサージ】布団の中で寝ながら顔のむくみ取り!!

スポンサードリンク