<スポンサードリンク>

ちょうど5月に入って明日から5日間の大型連休ですね。
ちょっとネットを見て言えたら、
機内座席の選び方について書いてあったので、
私の経験を紹介しますね。

でも、今頃言われたって、、。
という声が聞こえてきそう。

  

エアバスA300はC12の席がオススメ

私の場合は、機種がエアバスA300の場合は、
シートが高くない時はC12を選びます。

理由は簡単。前の席とビジネスシートのように間が空いていて
足が楽チンです。
非常扉の外し方を覚えないといけませんが、
そんなに難しいことでもないので、気にしないでいればいい場所です。
上にカゴもありますし、前から12列目なので、着陸時もすぐに外に出られます。
トイレも近く、通路側なので、立ってトイレにも行きやすく、
利き手の右腕が隣の人にも当たらないといいことずくめです。

搭乗した時も搭乗口から近いのでさっさと自分の席やバスケットを確保できるし、
私は12番前後にすることが多いですね。

変な乗客がいる時は通路の奥より前なので、
少し厄介だけどね。

空席が多い時は後ろがいい

空いているフライトの時は、
後ろ席になると、
本当にガラガラで特に後ろがすきすきになっていることが多いわ。

私は前が残っていない時以外、後ろにはいかないけど、
後ろの席は4席ぐらい独り占めで寝てる人ってよく見かけるので、
こうやって寝ているのもいいなと眺めていたりします。

機内の安全について

安全ベルトはどうしています?
離陸後安定状態になったらすぐに外す人が多いですよね。

私は安全ベルトを少し緩めて、
ロックしたままにしています。

エアポケットに入って急降下したら、
体が空に浮いてしまって危険なことになるかもしれないですよね。

実際、最近航空機の事故で天井に体をぶつけた人のニュースがありましたよね。
あんな目に遭わないように、
安全ベルトを緩めにしておくと、
ベルトをしていることも気にならず、
まさかの時に怪我をすることもないですからね。

くれぐれも安全ベルトを緩めるのは、わずかにしてください。
ゆったりゆるめると、機体が急降下した時は、
慣性の法則で逆に引っ張られるので、
お腹や内臓に負担をかけてしまします。

まとめ

今日のポイントをまとめて見ました。

機内座席の選び方と安全について。

●エアバスA300はC12の席がオススメ。
●空いている時は特に後ろが空いている。
●常時、安全ベルトを緩めにロックしておく。

関連動画があったので紹介します。
長時間のフライトを快適に✈️

<スポンサードリンク>