<スポンサードリンク>

愛美はサプリメントをまったく飲まないの。
本当に効くのかしら?
食事で摂ればいいのでは?
と、後ろ向きなの。

そこで、気になったので調べてみました。

  

サプリメントの過剰摂取で健康被害の可能性はあるの?

1966~2004年まで、欧米と中国で高齢者を対象に臨床試験を行った結果、ビタミンEを1日267mg以上摂取すると、そうでない人にくらべて、8年間の追跡期間の死亡率が10%も高かったというデータが発表されました。ちなみにビタミンEが豊富といわれるアーモンドにも、100g中30㎎しか入っていないので、サプリなしにこの量をとることは現実的ではないと考えられます。

ただし、ビタミンEを1日267㎎以上摂取した人とそうでない人で死亡率に10%の違いがあることの原因ははっきりしておらず、ビタミンEをとりすぎたからといって死にやすいと医学的に証明されたわけではりません。

しかし、ビタミンCのとりすぎで下痢を引き起こすように、サプリメントを摂りすぎることは人体によくない影響を与える可能性もあるのです。
ここまでの引用記事;http://www.skincare-univ.com/article/000545/

サプリメントをとるときに気をつけねばならないこと

女性の場合、サプリの影響はホルモンバランスがかかわります。そのため、足りない成分を過剰に摂取することで、思わぬトラブルの原因になる可能性もあります。

きちんとした食事をとらずに、「今日もごはん食べなかったけど、サプリをいろいろ飲めばいいか」などと、サプリを大量に飲むことだけは絶対にしないようにしましょう。毎日しっかり食事をする中で、どうしても不足しがちなものだけサプリで補うことを意識することが大切です。

足りない部分を適切に補うためには、自分には今、何が足りていて何が足りていないかを知ることが非常に重要なことです。食品に含まれる成分などに注意をして、自分が口にするものにはどんな成分が含まれているのかを、まずは少しでもいいので、気にかけるようにしましょう。
ここまでの引用記事;http://www.skincare-univ.com/article/000545/

愛美からひとこと

必須アミノ酸は9個ありますが、
1つでも少ないと後の8つが体に充分でも、
少ない値と同じレベルしか体で機能しないので、
例えば、自分の体にロイシンが必要だからと、
ロイシンが含まれるサプリメントを摂っても、
他が足りないと意味がないわけです。

また、ビタミンCが1000mg含まれるといっても、
1000mgとは1gのこと。
1粒1g以上ありますよね。
ビタミンC1gの周りは体に良くない成分のものが、
覆っているということもありえ安全性の高いものを
選ぶ必要があるということです。

そんなこと考えてたらやっぱり、
食品の中で摂るのが一番いい気がします。

まとめ

今日のポイントをまとめて見ました。

サプリメントのデメリットについて。

●効果があるからといって取りすぎに注意する。
●サプリメントだけに頼らない生活。
●品質にもこだわること。

関連動画があったので紹介します。
【副作用の危険】サプリメントは本当に効果があるのか?

<スポンサードリンク >