<スポンサードリンク>

いよいよ夏や梅雨の季節が近づいてきましたね。
そろそろ、脇汗対策が必要になってきたので、
私ももう1度改めて調べ直すことにしました。

次からはネットの記事です。

  

脇汗の原因

脇の下にはエクリン腺という汗腺が集まっており、個人差はありますが、身体の他の部位よりももともと汗をかきやすくなっていると言われています。

さらに脇には、脇の下のほかに陰部、肛門、乳輪、耳の中にだけに存在する「アポクリン腺」という汗腺が存在し、汗をかいて時間が経つと、独特の臭いを発します。

このアポクリン腺から発汗される汗が、乾くと黄色い汗ジミとなるとされています。

脇汗は、精神的緊張や興奮が原因となる汗と、腋臭などの体質が原因となる汗との大きく2つに分けられるとされています。
ここまでの引用記事元:http://hadalove.jp/asidesweat-countermeasure-23892

多分、エクリン腺もアポクリン腺も人として重要で、
古代人には生きて行く上で大事なものだった気がするのね。

いったい何んのために分泌しているのかわからないけど、
今の私たちには余り必要ないものかも。
今でも必要なのかな、、、。

脇汗を止めるための7つの原因と対策

1.精神的に負担を感じやすい

脇汗の量と頻度には、「心」が大きく関わると言われています。

「手に汗を握る」とはよく言いますが、緊張により脇汗が多くなるという経験は誰しもあると思います。

過度なストレスや緊張、不安など精神的な負担を感じると、脇にある汗腺が刺激され、過剰に汗が出る可能性があるとされています。

そのため、ストレスを溜め込んでしまいがちな人や人前で緊張しやすい人は、汗腺を刺激しやすく、脇汗の量を多く頻繁にかく傾向にあると考えられます。

精神的な不安を感じていると自覚したら、以下のような行動をとると、気持ちを和らげ汗腺からの脇汗を抑えることが期待できます。

【おすすめの行動】
・深呼吸する
・ストレッチなどで軽く体を動かす
・楽観的な言葉を口にする

2.食生活が乱れがち

脇汗を出す汗腺は、日々の食事によっても刺激を受けると言われています。

バランスの乱れた食生活は汗腺を刺激し、汗腺から出る脇汗の量を増やすだけでなくそれに伴う臭いまで強くする可能性があります。

食生活が乱れがちだと感じる人は、以下のものを意識して避け、日々の食事の中で野菜・果物・植物性のたんぱく質(大豆)を積極的に摂るように心掛けましょう。

【避けるべき食事】
・脂っぽいもの、肉類
・動物性たんぱく質(牛乳、バター、チーズ)
・ファストフードやインスタント
・お酒やコーヒーなどカフェイン飲料
・冷たいものや辛いもの、酸味の強いものなど刺激の強い料理

3.運動をあまりしない

一日中温度変化のない室内で過ごす、あまり歩かないなどの慢性的な運動不足が、全身に存在するエクリン腺から出る脇汗に影響を与えると言われています。

本来、全身発汗することで体温を調節するエクリン腺ですが、運動不足により体全体の汗腺の多くが休眠状態になる可能性があるとされます。特に女性にこの傾向が多いようです。

汗腺が休眠した状態で、少しでも室温が上がると、日常的に動きのある脇の下のエクリン腺のみが活発になり、脇汗ばかりかいてしまうことがあるようです。

適度に体を動かすことを習慣にして、全身に汗をかき、汗腺を活発な状態にするようにしましょう。

【おすすめの運動】
・ウォーキング
・ジョギング
・ストレッチ

4.体を冷やしている

体の冷えによって脇汗が多くなるのも、女性に多い原因のひとつとされています。

体が過度に冷えた状態になると、体の防衛本能がはたらき、温めるために熱を発生させることがあると言われています。

それにより、手足は冷えているにも関わらず、脇や背中からは、どっと大量に汗が流れるという状態が起こります。

体を冷やしすぎないように、日々意識することが大切です。

手軽に体を温める方法のひとつとして、おしりの筋肉や股関節を伸ばすストレッチで血行を良くするのも良いでしょう。

【避けるべき行動】
・エアコンの効いた室内に居続ける
・湯船につからない
・薄着が多い
・過度に食事制限をする

5.肥満気味

肥満気味の人は、厚い皮下脂肪が体の熱の発散を妨げるため、体温が上昇し、脇汗をかきやすくなると言われています。

肥満気味である場合、脇汗の悩みを無くすためには肥満の解消が第一優先です。

特に汗のべたつきが気になる人は、動物性脂肪の取り過ぎによって脇汗の量だけでなく、臭いまで強くなっている可能性があるので、1-2.を参考に食生活をまず見直すことをおすすめします。

【おすすめの行動】
・野菜・果物中心の食生活にする
・摂取カロリーを把握する
・食事時間を規則正しくする
・間食・飲酒を控える
・継続的な運動をする

6.体内バランスが変化している

体内バランスの変化によって脇汗の量が多くなるというのも、女性特有の脇汗の原因とされています。

更年期に入り体内バランスが変化することで、いわゆる「ホットフラッシュ」と呼ばれる、暑さに関係なく大量に脇汗をかく症状があります。

体内バランスの変化が要因である脇汗の根本的な解消には、婦人科への受診を検討しましょう。

また、一般的に更年期に入る前の年齢とされる女性でも、睡眠不足やストレスによる体内バランスの乱れで、同様の変化が起きる場合もあります。

7.家族がワキガ(腋臭)である

多量で頻繁な脇汗の原因に、元々持っているアポクリン腺の量も考えられます。

アポクリン腺が多いほど汗の量も増え、分泌物の分解の際に発生する臭いもそれに比例すると言われています。

両親のどちらかがアポクリン腺が多く、臭いが気になるワキガ(腋臭)の場合、子供はワキガ(腋臭)になりやすくなると言われています。

もし両親がワキガ(腋臭)でなくても、祖父母や親戚にワキガ(腋臭)の人がいれば、ワキガ(腋臭)になる可能性が考えられます。

多量の脇汗に伴い、強い臭いが続くようであれば、クリニックで専門の医師と相談することを検討しましょう。

ここまでの引用記事元:http://hadalove.jp/asidesweat-stop-23921

精神的な緊張からくる汗はわかるけど、運動不足からの原因って意外だったわ。
食生活の乱れとかお肉の食べ過ぎとかも悪そうな気がする。
年齢と共に胎内バランスも変化するということは、
昨年までと同じ対策じゃダメという時もあるわね。

また、何か新しい情報を見つけたら、
こちらからお知らせしますね。

まとめ

今日のポイントをまとめて見ました。

脇汗対策について。

●精神的緊張や興奮が原因となる汗と、腋臭などの体質が原因となる汗がある。
●食生活と運動不足に気をつける。
●強い臭いが続く場合は専門の医師と相談する。

関連動画があったので紹介します。
【脇汗わきが対策 】女性おすすめ!顔汗止める方法|塗り薬やボトックス注射以外の汗対策法

<スポンサードリンク>