<スポンサードリンク>

独身時代はよく休みの日は遅寝ぼうで、
お昼近くまで寝てることが多かったですね。

最近は、仕事のない日も休みとはいかず、
年中、休みなしというのが主婦の仕事のようなもの。

たまに寝だめしたいと思っても、
なかなか叶わない夢物語です。

ちょっと寝だめに関する睡眠の記事があったので紹介しますね。

  

ソーシャル・ジェットラグ

平日の疲れが溜まっているのか、休日は午前中ついつい寝てしまい午後から活動・・・、なんてことありませんか?

実はこれが原因で健康を損なう研究結果が出ているようなんです。

ソーシャル・ジェットラグとは社会的時差ボケといわれ、生活リズムが崩れることにより健康を損ねるリスクのことを言います。

もしかして日本人の大半は体験したことがあるのではないでしょうか?

人間は体内時計を有する生き物で、これが崩れていくと病気になるリスクが高まるといいます。

ソーシャル・ジェットラグも例外ではなく、研究グループは

「睡眠の規則性が、睡眠に充てる時間とは別に、健康に意義のある役割を果たしていることが分かった。睡眠スケジュールに規則性を持たせることは、心血管系疾患や他の健康問題に効果的なうえ、費用もかからない予防的トリートメントになることが示された」
と発言しています。

1000人以上ものデータを使用し、その結果として以下の結果を得ました。

・ソーシャル・ジェットラグと不快感、眠気、疲労感のほか、全体的な不調感と関係がある
・ソーシャル・ジェットラグの程度が高いほど自己評価が低かった
・ソーシャル・ジェットラグ1時間につき、心血管系疾患の発症リスクが11.1%増す。

いつも通りの生活を心がけることで自分の健康を守れるんですね!

眠りの雑学

ここでは2度寝したくなる理由を含めいくつか解説します。

断続的な睡眠は記憶力に悪影響を与える可能性がある
覚醒時の判断力を低下させ、記憶力にも悪い影響を与えるとされています。

金縛りの半分は睡眠障害によるもの
睡眠には、身体が休むレム睡眠と、脳が休むノンレム睡眠という二つが存在します。

そのうちのレム睡眠時に誤って目が覚めてしまうことで、意識はあるけれど身体は動かないという状態になり、これが金縛りとされているんです。

寝すぎると、余計にねむくなる
皆さん一度は経験したことあるのではないでしょうか?

寝すぎてしまうと睡眠のリズムを崩し、眠りが浅くなることで眠っているのに眠気がつきまとうようです。

いい睡眠でいい生活を!
ここまでの記事引用元:http://media-groove.com/bad-sleep/

ソーシャル・ジェットラグなんて言葉初めて聞いたわね。

それにしても、いちいち、規則正しい生活が大事とはいえ、
たまに寝だめして、ぼーっとするものいいものですよね。
ここでは、ストレスなど精神的な疲労要素が無視されているので、
あくまで精神状態も健康というのが前提だと思います。

まとめ

今日のポイントをまとめて見ました。

寝だめと健康について。

●睡眠の規則性が、健康に意義のある役割を果たしている。
●寝すぎてしまうと睡眠のリズムを崩し、眠りが浅くなる。
●あくまで精神状態も健康というのが前提。

関連動画があったので紹介します。
【健康編】日頃の疲れや寝不足を休日の寝だめで解消できる?

<スポンサードリンク >