<スポンサードリンク>

クマといっても熊さんじゃないわよ。
そう、目の下や周りにできるやばいクマ。

以前、本当にどうしたのか知っている人で、
目の周りパンダのようにクマになっていた女性を見たわ。
同僚だったけど、この人は特別だと思うけど、
今日は夏が近づいて寝不足でクマにならないように、
しっかり対策を覚えていきたいですね。

記事をご紹介しますね。

  

あなたのクマは何クマ?見分け方は簡単

下記の2つをして確かめます。
1.あっかんべーして目の下の皮膚を下に引っ張る
2.鏡を持って上を向く

1で薄くなれば青クマ、2で薄くなれば黒クマ、1・2どちらでも薄くならなければ茶クマ。
種類によって対処法が違うので、クマケアを始める前に必ず自分のクマの種類を確認しておきましょう。

青クマの原因と対処法

青クマの原因は血行不良です。目の周りの皮膚はもともと薄いので、血行不良により目の周りに集まる毛細血管が血行不良を起こすと、鬱血して青っぽく透けて見えてしまうんです。

冷え性や貧血、パソコンや読書による眼精疲労でも現れることがあるのが、この青クマです。

対処法は?

①血行を良くする
青クマを経験されたことのある方は、お風呂に入ったり蒸しタオルを当てたりしたら、クマが薄くなった…。そんな経験のある方、多いのではないでしょうか?

青クマの主な原因は血行不良。だから血流をよくしてあげることで改善が見られるんです。
クマの部分だけ温めるより、顔全体や体全体を温めてあげるとより◯。

②運動をする
①にも通じることです。
適度な運動は血行を良くし、青クマにも効果があります。
筋肉は基礎代謝を上げ、あなたの体を温めてくれます。冷え性の方にもオススメの血行促進方法。

貧血の方は運動により目眩や頭痛に見舞われることがあります。運動を取り入れる場合は体調を鑑みながら、無理のないペースでやってくださいね。

③眼精疲労解消マッサージ
パソコンユーザーやスマホユーザーは、日頃の疲れを癒して一石二鳥♪
目の周りの皮膚は薄いので、擦らず優しくマッサージするのがコツ。マッサージ用のクリームを使えばスキンケアにもなります。

黒クマの原因と対策法

黒クマの主な原因は、加齢による皮膚のたるみや、目元の筋肉の現象。生来目の大きな人ほど、日常の目元の動きが大きくなり、目元のたるみが起きやすくなります。

対処法は、

①頭皮マッサージ
皮膚を持ち上げるには、実は頭皮が大事!
定期的なヘッドスパや頭皮マッサージで、体のてっぺんから皮膚をリフトアップしていきましょう。

②ポニーテール
アリアナ・グランデのトレードマーク!
このスッキリ上げたポニーテールも、実はリフトアップ効果をもたらしてくれるアンチエイジングツール。

③散髪する
サッパリ切って若見え?
実は顔の皮膚は、髪の重さでも下に引っ張られてしまうんです。髪を切って頭を軽くすれば、顔の皮膚もその分持ち上がります。

④目の周りの筋肉を鍛える
欧米人に比べて表情の動きが小さく、表情筋の弱い日本人。表情筋を鍛えるエクササイズで、体の内側から黒クマ対策をするのもアリ。

茶クマの原因と対策法

茶クマの主な原因は、クレンジングや洗顔で目の下のもともと弱い皮膚をこすりすぎてしまうこと。肌への刺激により肌が弱り、色素沈着を起こしてしまっているんです。

対処法は、

①ベースメイク
茶クマの原因は色素沈着なので、色素が抜けるまではベースメイクで隠すのが◯。色々な商品を試し、自分の茶クマと肌に合うベースメイクアイテムを見つけましょう。中でも、ピンポイントに使えるコンシーラーは強い味方です。

カウンセリング化粧品ならお試しでメイクアップしてもらえます。ポイントは、メイクアップしてもらった直後の状態で購入する化粧品を決めないこと。

ちょっと心苦しいですが、メイクアップしてもらった後は一度帰宅してください。そして、一日お出かけした後のメイクの状態を見て、好ましい商品を買いましょう。

②ハイライト
茶クマに対しては目の下にハイライトを入れて、目元を明るく見せるのも一つの手。
パウダーはラメの入っていない肌馴染みのいいものを。ベージュのパウダーを使っても◯。

ここまでの記事引用元:https://matome.naver.jp/odai/2149615865874520401

青クマ以外は長年の慣習が原因なのね。ポニーテールが散髪が効果的とは驚きました。
茶クマはメイクでごまかすしかないのかしら?
根本的に治す方法があればまた紹介していきたいと思います。

まとめ

今日のポイントをまとめて見ました。

目の周りのクマ対策について。

●青クマは血行不良が原因。血行をよくする運動を行う。
●黒クマは目元のたるみが原因。頭皮マッサージや表情筋をリフトアップする。
●茶クマは肌を擦りすぎが原因。メイクで解決。

関連動画があったので紹介します。
「目の下のクマはとれますか?」気になるギモンを医師が回答!【美容口コミ広場TV第20回】(4/5)

<スポンサードリンク>