<スポンサードリンク>

日常生活の行動でハッピーなるか不幸になるとしたらどう考えますか?

私はいつも前向きに考えています。
たまにおセンチな気分の時もありますがね。

では、みつけた記事を紹介しますね。

  

日常生活の行動でハッピーなるか不幸になるとしたら

不幸や幸福感って人それぞれですが、科学的に証明された事例からハッピーになるお話です。
誰もが幸せになりたいと願いつつ、知らず知らずのうちに「不幸になる生き方」をしているものです。

皆さんは、自分のことを幸せだと思いますか? 
時期によって、幸せだったりあまり幸せじゃなかったりするでしょう。

でも、わざわざ自分から不幸になる行動なんてしたくはない。

私たちには自分次第で幸せになることもできるはずです。

不幸も幸福も科学的に証明されているらしい!

生活における一見些細な変化でも桁外れに気分が良くなると、数々の研究で証明されています。

幸福感を持っている人間と持っていない人間が競争すると、
幸福感を持っている人間の方が優れた結果を出す、という研究結果。

ただ仕事をしていた社員よりも、10分ほどお笑いのビデオを見たり、美味しいおやつを食べてリラックスしたりしていた社員の方が、生産性が高いことがわかりました。

因みに、こんな行動は不幸になるらしい!

じつは自分のことを不幸と感じる人には、不幸になる悪習慣があります。
幸せな気分を壊すと科学的に証明されているものは、今すぐ日々の生活から排除していきましょう。
不幸な人は、常に全てにおいて不平を言っています。楽観的で幸せな人は、常にポジティブに物事を考えています。
不幸な人は過去のことや不満について話したがります。話が尽きてしまった時は、他人のことや噂話にまで広がります。

「他人と比べる」

他人の日の当たる部分と比べては「まだまだ、頑張らないと…」と毎日自分を叱咤激励し常に周囲の意見に左右されています。

他人と比べたところで別に自分を取り巻く状況が良くなるわけじゃありません。

「SNSにのめり込む」

フィードをやみくもにスクロールすると、孤独や妬み、自分の生活や人生に対する不満を感じることが多いと、裏付けられています。

「いい人を演じる」

「いい人」に見られたいあまりに嘘をつくことでストレスが生まれ、それが身体や心に負担を与えているのは間違いありません。

そもそも他人を満足させるなんて不可能ですし、こんなことをしているうちに誰の人生だか分からなくなってしまいます。

逆に、こんな行動は人生がハッピーになるようです。

あなたの日々の行動を変えることによって、今より幸福になることが可能

「健康的な生活」

健康が有っての幸せなので、充分な睡眠と健康的な食生活、そしてなるべくストレスな状況に陥らない様に工夫

「感謝の日記を」

日記を付けることで、自然とポジティブなことを探す癖がつき、その結果ネガティブなことを考える時間が減ったのです。

愛する人のことを書き出す幸福感が大幅に増加し、ストレスが減り、コレステロール値も下がったそうです。

「ほほえむ」

ついほほえんでしまうようなポジティブなことを考えると、より幸せな気分になるという。

ウソでも笑顔になるように顔の筋肉を動かすと、気分が盛り上がることは科学的に証明されている

「物事を前向きに」

否定的な事やできない事に無駄なエネルギーを使っていると、何もできなくなります。自分ができる事に集中すれば、新たな道が見つかります。

「相手を見つける」

異性と交際している人や、既婚者は独り身の人よりも幸せに感じていることがコーネル大学の研究から判明しました。

単純に、自分は一人じゃないと思える事が幸せ度数にも関与しているように思います。

ここまでの記事引用元:https://matome.naver.jp/odai/2145817143257721601

これを読んでいると、
人と自分を比べずに自分に優しくあること。
そして仲間や他人に感謝することがいいのかも。

ネガティブなことを考えないということではなく、
ポジティブなことを考えることにより、
ネガティブなことを思い出さないことが良いように思いました。

まとめ

今日のポイントをまとめて見ました。

幸せになる人と不幸になる人について。

●自分らしさに価値を与え、自分に優しくあること。
●ポジティブなことを考えることにする。
●人との接触で起こる出来事に感謝する。

関連動画があったので紹介します。
【科学的にわかった!】幸せになる人 不幸になる人の違い

<スポンサードリンク>