<スポンサードリンク>

愛美はたまに趣味を生かして、
自宅サロンとか開業してみたいな、
みたいなことを考えることがあります。

でも、人様からお金をいただけるほど、
秀でているとはではないので、
すぐに妄想だけになるのですが、
多分儲からないのだろうなとか思って、
ネットを検索していたらこんな記事を見つけました。

  

自宅サロンの現実

自宅サロンを開業しても「儲かるんですか?」「稼げるの?」なんて
よく聞かれるのですが、実は自宅サロンを開業しても、

5年で95%が廃業、さらにその5年以内に残りのサロンも廃業。
10年継続できるサロンオーナーの割合はわずか3%なのだとか?

あまりの低い数字にびっくりしてしまったのですが、
私のまわりでも、実際自宅サロンを開業して2、3年で廃業してしまう
ケースがとても多いんです。

自宅サロンに憧れる主婦はたくさんいて、おうちサロンとか
サロネーゼなんて人気キーワードもあるくらい、自宅で気軽に
開業しようと思う主婦が急増中です。

主婦が思いつきではじめた自宅サロンが儲からない3つの理由

友達価格の設定では儲からない
安易に資格をとったからといっていきなり自宅サロンを開業した
場合、最初に問題になるのが集客の問題です。

口コミで広げようとするとまずは友人知人からの紹介。。。なんて考えがちですが
そうなると、ついつい価格設定で低く抑えてしまう人が多いのです。

友達にはついつい良い顔をしたいなんて気持ちがあったり
ママ友同士の、妬みや嫉妬も怖いですからね。

最初から価格設定は、友達価格はなしに、プロとして自分がもらえる
値段を自信をもって設定しましょう。

その分、自分のスキルや能力を磨く努力をすることが
前提で、こつこつと集客もしていくとよいと思います。

自宅サロンのメリットも実はデメリットになる
自宅サロンは自分の自宅でできるので
自分が決めた時間に仕事をすることがメリットでもあるのですが

実はその自由にできるといった点で自分の時間を
優先しがちになってしまいます。

自分の趣味や予定を優先することで、定休日が
多かったり開店時間が短かったり、自分で決めることが
できるが上に、これがデメリットとなって稼げないなんて
現象が起こります。

失敗しないためにネットスキルや経営面での学びも必要
自宅サロンを行なう上でのスキルや資格を習得したからと
いってそれだけで順調に自宅サロンが経営できると思ったら
気をつけなくてはならないことがあります。

いくら顧客がついているといっても新たに新規のお客さんを
増やしていかない限り、やはり数年しか継続できないなんて
ことにもなりそうです。

開業届をだして夫の扶養から外れて主婦が本気で取り組む気があるのなら
開業資金繰りや、インターネットでの集客方法、ホームページやチラシ作成、
確定申告や税金や経理面での勉強など、失敗しないためにも
常に学びは必要です。

自宅サロンで稼ごう

それでもやはり開業するからには、稼ぎたいですし、成功したいですよね^^
そのためには

①価格設定は最初から高めに設定する
②最初は外に働きにでる以上の時間をかけて働く覚悟をもつ
③使命や強みを伝えながら、ターゲットを明確化していく

以上の点に着目しながら自宅サロン開業、楽しんでくださいね
ここまでの記事引用元:http://zaitakuonline.com/自宅サロン開業の厳しい現実!夢見る主婦が儲か/

自宅サロン経営はやっぱり難しそうですね。
私は自宅を知られたくないから、
どうしてもしたいことが、伝えたいことが出てこない限り、
やらないと思う。

でも、自宅サロンに興味のある人は、
覚悟を決めてGO!

関連動画があったので紹介します。
サロン開業を成功させるでいちばん大切なポイント!

スポンサードリンク