<スポンサードリンク>

夏の肌は手入れが難しいですね。
高級アイテムに頼る人も多いのではないでしょうか?

そんな中、こんな記事を見つけました。

  

①スマートクレンジングでお肌を傷つけない

夏場は日焼け止めやウォータープルーフメイクを落とすために、強い力でごしごしとクレンジングをしている方も多いかと思います。メイクは落とせますが、その摩擦でお肌を傷つけてしまうことがあります。クレンジング剤は手の平で温めてからハンドプレスをするように顔になじませ、ゆっくりと優しく大きな円をかくように落としていきましょう。油性汚れを浮かせてしっかり乳化させることが、お肌を守るポイントです。
それでも落ちにくいメイクは、乳液やクリームを綿棒につけて優しくなぞるとスッと落ちるので、試してみてください。

②洗顔はお風呂で。夏の老廃物をスッキリ流そう!

夏は髪の生え際・顎下・エラ回りに汗がたまりやすくなっています。優しい泡でしっかり洗ってあげないと、顔カビ(※)の原因になることもあるので、クレンジング後の洗顔はいつもより広範囲を丁寧に洗ってあげましょう。汗が付着しやすい場所はリンパの多い場所でもあるため、優しく洗顔をするとリンパマッサージにもなってむくみもスッキリ!
また、洗顔はお風呂場ですることをオススメします。洗顔後にそのまま湯船に浸かると、湯気で毛穴がじんわりと開き、落としきれなかった汚れが浮かびあがって流れ出ていきます。
さらに汗の出やすい季節を利用して、お風呂場で足裏の中心部をマッサージするのも良いですよ。血行が促進されて汗とともに老廃物が出てていき、翌日のお肌に透明感がでます。

③夏はいつもより“ちょっと”丁寧なクレンジングを

夏場の肌には、いつもよりちょっぴり丁寧なクレンジングと洗顔が必要。その理由は「日焼け止め」にあります。
紫外線が強い夏は、日焼け止めをしっかりと塗っている女性が多いかと思います。日焼け止めは肌負担が大きいものもあるので、専用クレンザーや美容スチーマーなどを使って、しっかりと汚れを浮かしてクレンジングして、肌にダメージが残らないようにしてあげましょう。ただし、前述の通り“ごしごし”はこすらないでくださいね。
サウナで汗を流すことも毛穴の奥の汚れを落とすスペシャルケアに有効ですよ。その後の保湿は忘れずにしっかりと与えてください。

温度も日照時間も変わるのだから、洗顔も季節によって変えるのが当たり前。大変なことに思えますが、お金をかけなくても、日々自分に合った洗顔を研究し、小さなひと手間を加えるだけで肌代謝が上がり、確実に美肌の道へと繋がるんですよ。今回ご紹介した方法は、ほとんどスペシャルなアイテムを使用しません。
鏡で自分の肌を見る時間を楽しいものにするためにも、これからの夏の洗顔方法をすこし変えてみてはいかがでしょうか。
ここまでの記事引用元:http://style.fancl.co.jp/lifestyle/1314/

水の多いお風呂で肌を傷つけないように丁寧にクレンジングするということね。
そう言ってしまうと身も蓋もない?

まとめ

今日のポイントをまとめて見ました。

夏の美肌づくり洗顔について。

●お肌を傷つけない
●お風呂で夏の老廃物をスッキリ流す。
●ちょっと丁寧なクレンジングを。

関連動画があったので紹介します。
夏のダメージをクリアにする洗顔方法

<スポンサードリンク>